Ploom TECHの正しくない使い方

ものすごく久しぶりの更新です(´▽`)

最近はレビュアーさんも増えたしベプログというリキッドレビューのサイトも出来たんでうちのブログはもう必要ないかなぁと思いつつ放置しておりました(゚∀゚)

まぁ損でもなんかネタがあれば更新しようと思ってたんだけど・・・

ネタが有ったんで久々に更新してみようかなと(゚∀゚)

今回のネタは今話題のPloom TECHです

話題になりすぎて供給が追いつかない状態になって本体が購入できない状態になるほどです(゚∀゚)

おいらも気にはなってたんだけど通販の登録が遅かったせいで本体買えずじまい(´・ω・`)

そんな状態だったんですがTwitterでかまっていただいているYAIRAさんと話してた時にカプセルをDTにはめれば使えるんじゃね?って事になって試していただいたところ行けそうだとの事だったのでじゃぁカプセルだけ買ってみるかと買ってみました(´▽`)

そしていろいろ試行錯誤した結果がこちら(´▽`)

P_20160312_234207.jpg

TARGETTANKにSubTankMiniもどきのDTを乗せてそのままだとカプセルがゆるいのでテープを巻いてみました(゚∀゚)

iQosに比べるとニコキックがしっかりしててあの独特の紙が湿気ったような味がない分こっちの方が美味しいなぁと(´▽`)

ただリアタバに近い分肺直にするとむせます(´・ω・`)

アトマのエアフロー全開にしててもフィルターがあるからドロー重くて肺直しにくいんだけどね(´▽`)

ちなみに最初はRDAでやってたんだけどカプセルの下の部分が溶けて穴がふさがりました(´・ω・`)

なのでTANK系推奨ですな(´▽`)

一応手持ちのDTで利用できるのはVCTのDTとAPEXのDTならゆるいのでテープで調整すればいけるかと(´▽`)

あとSubTankのDTはちょっときつ目だけどきっちりハマる・・・かな?(´▽`)

目安としてはDTの内径が510スレッドとほぼ同じものが良いかと

そうすると0.5ミリぐらいの隙間なんでテープで調整しやすいかなと(´▽`)

画像のように奥まできっちりははまらないからDT用のヒートシンクにはめて使うっていう手もあるけどね(´▽`)

以上Ploom TECHの間違った使い方講座でした(゚∀゚)

気が向けばそのうち詰め替えのついてもやりますんで当てにしないでお待ち下さい(´▽`)
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する